名前も知らないSEでしょう

この木なんの木気になる樹

Java

JUnit とMockitoを組み合わせて試験をする(1)

更新日:

この記事では、mockitoの基本的な使い方をまとめています。

Mockitoとは

JavaでJUnitを用いてテストケースで簡単にモックオブジェクトを作成し、差し替えることができるオープンソースライブラリです。

どんなことができるの?

ほんの一例ですが、

  • DIで呼び出す下位クラスをスタブ化
  • 試験対象メソッドの呼び出し回数や、渡された引数を確認
  • モックの呼び出し順序の確認
  • 呼び出されないメソッドの確認

など、試験をする上で必要なコードを直感的に記述することができます。
また、PowerMockと組み合わせることにより、

  • privateメソッドやstaticメソッドのモック化
  • privateメソッドの試験

などができるようになります。

以下、簡単なサンプルを紹介。

試験対象クラス

試験クラス

注意点

  • 21行目、モック化するクラスにmockを付与する
  • 26-27行目、試験対象クラスに@InjectMocksを付与する
  • 32行目、MockitoAnnotations#initMocksを有効にする
  • 44行目、whenでモック化するメソッドを指定し、thenReturnで返却する値を指定する

非常に簡潔かつ直感的ですね。
次回は、Mockitoで確認できることを紹介していきます。

検証バージョン

336x280

336x280

-Java
-,

Copyright© この木なんの木気になる樹 , 2017 AllRights Reserved.